終活に奔走されている方へ。その答えはこんなに近くにありました。
常楽塔top.ai

お墓に納めたけれど、分骨して手元でも供養するカタチ。墓地イメージ.png
母が亡くなり、墓地に納骨するのが普通だと思っていたけれど、
すべての遺骨が、私の手元から無くなってしまうのが寂しかった。
四十九日を過ぎて納骨となり、母の遺骨を墓地のカロートに納める時、
やはりこの暗く寂しい場所に、全ての遺骨を納めなくてよかった、
と心から思った。明るかった母には酷だと感じたのだ。
今、うちでは毎日、母の遺骨が納められた手元供養壇(小型納骨壇)に、
お花を供え、お線香をあげ、手を合わせている。
もちろん喪失感は否めないけれど、
母の存在感を身近に感じられていることは事実だ。



葬儀だけで精一杯。高額な供養の負担が重くのしかかった。FR070_L.jpg
何の予兆もなく、50歳を前にして夫は突然に亡くなりました。
全てを夫に頼っていたので、病院で葬儀社を手配して、
後は周囲に教えられるままに事が進み、
気が付けば自宅には、遺骨と遺影が飾られていました。
その後の供養なんて、菩提寺もないウチには考えられるはずもありません。
実は、わずかな貯金で葬儀代を支払うことが精一杯で、
悲しみの中、お墓を建てる事なんて不可能だったのです。
しかし、人生の半分を共にして来た夫を、何としても供養したい、
そう思ってたどり着いたのが、手元供養でした。
夫は、今でも私の傍らで、いつも見守っていてくれます。
私は、夫に話しかける日々を取り戻すことができました。
近くにいればこそ、なんです。


我々の墓地継承は不要。子供達に迷惑をかけない“終活常楽塔/高齢者.jpg
子供達は独立して、今は遠くで幸せに暮らしている。
だが、我々に万一の事があれば、家の墓地を継がなければならない。
墓参りに来るだけでも大変なのに、まして後を継ぐのは大変な苦労となる。
改葬というお墓の引越しもあるそうだが、墓地建立は大きな負担を強いる。
親としての願いは、小さな納骨壇に入れてもらって、
子供達の暮らす場所の片隅で、そっと見守り続けられれば、
それで安心できるというもの。
我々は、その“手元供養壇(小さな納骨壇)”を用意しているので、
後をよろしく頼みたい。



手元供養でも、突然の来客が手を合わせることもある。家族.PIC
ウチはマンション、仏壇を置く場所がありません。
バチ当たりかもしれませんが、部屋のイメージに合いません。
先日、親戚の方が見えて「お父様に手を合わせたい。」と言われました。
手元供養壇は小さなものですが、幸い本物の仏具でした。
仏具なのにモダンなデザインで、マンションにも違和感無く置けました。
親戚の方にはお線香も上げて頂き、
「こういう供養もあるんだね、これなら寂しくないね。」と、
納得されて帰っていかれました。
手元供養といっても、自分ひとりで供養しているんではないし、
手を合わせる対象としての“品格”も必要なんだと感じました。


お寺に分骨を相談したら、仏教にあるまじき返答が。僧侶.png
墓地に納骨はするけれど、手元でも供養したいと思い、
この辺りでは、格式の高い当家の菩提寺に相談に行きました。
すると、「当寺では分骨はできません。」と言われました。
「教義でそのようになっているんですか?」と聞きますと、
「だって、可哀想じゃないですか。」というお返事が・・・。
私は仏教に詳しくはありませんが、
分骨を否定するお寺はほとんど無いはずです。
なぜならば、最も分骨されているお方は、お釈迦様ですから。

line_1000.png

ご供養のために「墓地探し、納骨壇探し」をされていますか?
そうした終活の他に、「自宅供養・手元供養」がございます。
これは、故人のご遺骨をご自宅において供養する方法です。
故人をいつでも身近に感じながら、供養ができます。
少しでも、喪失感を軽減できる新たな供養の仕方です。
また、現在墓地を所有されていても、後継者が不在になれば、
法律により、撤去されてしまうことに不安を抱かれ、
手元供養をお考えの方々も多くなってきています。
また、墓地に納骨されながらも、
あえて分骨して、ご自宅でも供養されることもあります。

お身内がお護りする「手元供養」をお考えでしたら、
その方法は大きく分けて、2種類があります。
ペンダントやオブジェなどによる華やかなご供養か、
お仏具による伝統的なご供養かを、ご選択ください。

このサイトでは、お仏具による手元供養をご案内しております。
実際に幾多の寺院において供養に使われている、
仏具師による供養壇を、手元供養用にご紹介します。
当社独自の企画品で、他には存在しておりません。
お仏具による手元供養として、永年のご満足をお約束します。

line_1000.png

※各項目から詳細なページにリンクしています。

そもそも手元供養とは
よく耳にするけれど、それは特別な供養なのでしょうか。
菩提寺があるので、自動的にそちらにお願いすると思っていましたが・・・。
葬儀の後、自分で供養していいのでしょうか。
リンクボタン.ai基本的な考え方を知りたい、手元供養に不安な方はこちらをご覧ください。


手元供養にもタイプがある
手元供養で納骨する用品には、どんなタイプがあるのでしょうか。
自分の生活習慣に合わせると、どのような選択がいいのでしょうか。
行動している時にも一緒にいたい、自宅でそっと見守って欲しい、
手元供養をするには、どうあったらいいのでしょうか。
リンクボタン.ai貴方の手元供養の選択は、どのタイプがいいのでしょうか?


供養の方法はどうなるの
寺院の供養では、様々な“しきたりがありますが、
手元供養の場合、毎日の供養はどのようにしたらいいのでしょうか。
お水やご飯、お線香などはどうすればいいのでしょうか。
リンクボタン.ai手元供養の方法によって、供養の方法は違ってきます、それは


手元供養壇について教えて
仏具による手元供養って、なんだか難しそう。
仏壇とはどう違うのでしょうか。遺骨の入った位牌のようなものですか。
あまり、仏具の手元供養壇は見た事が無いのですが。
リンクボタン.ai仏具風、仏教風はあっても、本物の仏具はおそらくここだけ


仏具の供養壇を購入する方法は
申込みの方法は、どうすればいいのかしら。
手作りと聞いたけれど、どのくらいの時間がかかるの。
販売している会社のことも知りたい。やはり不安だから。
リンクボタン.aiお申込みは簡単なフォームから。お問合せもお気軽に